工具とボルト

ボルトとナットの基本的な知識|通販サイトを利用した購入方法

強度のある商品

男性

ボルトやナットは、ねじよりも耐久性があり、強度に優れた商品です。頭部が潰れて使用できなくなることもありません。しかし、保証荷重力が商品によって設定されているために、購入前に確認することが大事です。

もっと読む

手軽に大量発注する

ボルト

製品を完成させるために、多くの部品を使用しますが、これらは一度に発注した方がいいでしょう。そして、最近は通販サイトを利用してボルトやナットを購入している企業も増えています。ボルトやナットの種類も豊富なために便利です。

もっと読む

イメージ通りの商品を購入

メンズ

通販サイトを利用してボルトやナットを購入する企業もいますが、イメージとは違う商品が届くこともあります。そのため、カタログを使用することをオススメしています。通販サイトでは、無料で配布していているサイトも存在しています。

もっと読む

ネジとの違いを把握

工具とねじ

現在は個人でも趣味でDIYを行なう人が多くなっていますので、ホームセンターや工具店では様々な機械や部品が販売されています。そのため、作りたいモノに最適な機械や部品を購入することが大事になってきます。これは製造業でも一緒です。製品の特徴や性質を最大限に引き出すための材料や部品、そして機械を使用することが大事になってきます。ですから、ナットやボルトなどの一般的な部品も大事に扱って、こだわりを持って購入することが大事です。

ここでは、一般的なボルトやネットの説明を行なっていきます。ボルトやナットは、ネジと同じと捉えている方もいるかもしれません。それは規格によります。製品規格によって、同じと分類されることもありますし、違う場合もあります。ネジとの大きな違いは、ボルトとナットは2つで1つの材料です。組み合わせることで、きつく締め付けることができるのです。しかし、ネジの場合は1本でも使用されることがあります。コレが1番の違いです。そして、頭部の形状も違っています。ネジの場合は、頭部にプラスドライバーやマイナスドライバーがピッタリと入る穴があります。ですが、ボルトとナットには頭部に穴は存在しません。頭部の形状が六角形をしているために、締め付けたり緩めたりするためには、ソケットレンチが必要になるでしょう。ボルトやナットも様々なサイズがあるために、ソケットレンチも頭部のサイズに合わせて準備する必要があるでしょう。